人気ブログランキング |

慶應義塾ITP派遣生からの現地報告書です


by keio-itp

<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ニュージーランドへ!

こんにちは。今週の木曜日にオーストラリアを発ち、お隣のニュージーランドのAucklandへ来ました! 飛行機で3時間ほどの近さですが、かなり涼しく、最高気温が25度くらいです。
これがAucklandの中心街です。坂がたくさんあり、Brisbaneのcityともまた違った雰囲気でした。
e0194142_1733960.jpg


NZに着いて翌日の金曜日には、Rという、私が普段データ解析の際に使用している言語・環境についてのワークショップがconferenceの一環としてあったので、参加しました。これは、普段Rを使用している人に対して、主にグラフィックスの部分について説明・紹介するというものでした。いつも自分の知っている範囲で作業するか、または必要に応じて調べたりして、Rを使っていたため、あまり新しいことに触れる機会がなかったので、今回参加して、「こういうこともできるんだ」といろいろ使えそうなことを知れてよかったです。また、日本の大学で統計を勉強して、現在オーストラリアの製薬会社で働かれている女性の方と話すこともでき、将来のことも少し考えることができました。

土曜日はゆっくりAucklandで過ごし、今日conferenceが行われるTaupoへ移動してきました。車で4時間弱の道のりでしたが、ほとんどが道の両脇に牧場が広がっていて、のどかな雰囲気を楽しめました!

AucklandからTaupoへ一緒に来たCSIROの方たちと・・・
e0194142_17345798.jpg




残り1か月を切ったにもかかわらず、研究があまり進んでいないなぁと少し焦ってきているのですが、無理をせず、この貴重な機会の一日一日を大切に過ごしていきたいと思います!
by keio-itp | 2009-11-29 17:45 | 2009年CSIRO・仲

新型インフルエンザ?

こんにちは。最近は昼間はあったかいのですが、夜は冷え込んで冬らしくなってきました。

今週は、先週からの残留生活がこたえ4日ほど寝込んでしまいました。高熱が出てしまいうまく眠れないほどでした。最初は風邪だろうと高をくくっていたのですがいっこうに症状が改善しません。そこでもしやと思い、何かと話題のタミフルを服用したところ無事に回復することができました。インフルエンザだったのは確かですが、今は新型だったらいいなと思っています。

週末は暖かい布団を買うためにEmeryvilleのIKEAに行きました。アメリカのIKEAはこんなにも日本とは違うといったことが書ければよかったんですが、残念ながら全く一緒でした。入り口、フードコートとあまりに同じで驚いてしまいました。そのためIKEAの写真はアップしません。気になる方は港北IKEAに行ってください。全く同じものがそこにあります。

e0194142_14415528.jpg

IKEAのあるショッピングモールに大きなツリーがでていました。もうそんな季節なんですね。
IKEAで暖かい布団も買い、最近は実験の調子も良いのでしばらくはよく眠れそうです。
by keio-itp | 2009-11-24 14:45 | 2009年UCバークレー・新井

ポスター作成

こんにちは!最近は日中の気温が30度くらいになり、夏が始まったように感じます。

今週の水曜日に、研究室の先生がCSIROにいらっしゃいました。三田祭期間を利用して、一週間ほど滞在されます。今までメールでやりとりしていただいていたのですが、細かい部分については問題なくても、研究の方向性など、大まかな内容については難しく、やはり直接話してしっかり理解する必要があるので、この機会にもう一度はっきりさせて、研究を進めたいと思います。

今週はconferenceのためのポスターの原稿を明日の月曜日までに完成させなければいけなかったので、そのために時間を使いました。私は今までにポスター発表を行ったことがなく、しかも英語でのポスターということで、分からないことばかりだったので、先生にいろいろと指導していただきました。

トローリングデータの解析については、再びデータについて正しく理解していなかった点があったため、少し考えなければいけない問題が出てきました。なのでポスターが完成し次第、解析の方向について、また先生と相談しながら進めていくつもりです。

金曜日に、みなさんが誕生日を祝ってくれました!
e0194142_22131683.jpg



今日は、ManlyというClevelandの近くの海沿いの町で、研究室の先生をはじめ、CSIROで一緒に研究している方たちとお昼を食べました。ここもとてもきれいなところでした!
e0194142_22165991.jpg

by keio-itp | 2009-11-22 22:28 | 2009年CSIRO・仲

日々実験

こんにちは新井です。早いものでもう到着から2週間がたってしまいました。日本ではそろそろ寒くなる頃ですがこちらはまだ半袖で大学に来ている人もいます。

e0194142_12554391.jpg


キャンパスはとてもきれいないいところなのですが、常に地下室にこもっている生活なのであまり実感する機会がなくとても残念です。Berkeleyでの生活は、ほとんど矢上の頃とかわらず、毎日11時から0時ごろまで研究室にこもって実験をしています。残留届けがいらないのがBerkeleyのよいところです。

e0194142_12563937.jpg


これが今使っている装置でomicron VTというSTMです。矢上で使っていたものがomicron 1というタイプなので兄弟のような装置です。なかなか良い結果がでずつらいところですが一歩ずつやっていこうと考えています。
by keio-itp | 2009-11-16 13:03 | 2009年UCバークレー・新井

conferenceに向けて…

こんにちは。ちょうどオーストラリア滞在も、半分が過ぎました。そう考えると、本当にあっという間に時間が過ぎていくように感じます!

11月末から12月の初めにかけて、ニュージーランドでThe International Biometric Society Australasian Regionというconferenceが行われます。CSIROで一緒に研究している方も行かれるそうなので、せっかくの機会なので私もポスター発表の形で参加することにしました。今まで行っていた研究は、海底生物の個体重量をガンマ分布で表し、そのモデルから種の違いやトローリングの影響を知るというというものでしたが、その中でデータからガンマ分布のパラメータ推定を行う際に問題となった点について、このconferenceで発表します。なので、今まで取り組んできたことと関係はしていますが、少し違った視点から見た内容になります。

今週は、主にこのconferenceのための研究に時間を使いました。これについては、日本にいるときに少し始めていましたが、もともと行っていた方に比べてまだ発表できるほど進んでいなかったので、研究室の先生にメールで指導していただきながら取り組んでいます。
このような状態でまだ研究内容をうまくまとめられていないのですが、CSIROの方たちがミーティングを開いてくださるというので、せっかくの機会なのでこの部分についての話を聞いてもらいました。自分自身でさえもはっきりしていない部分が多いので、それに私の英語力が加わると、聞いていてかなり分かりにくいものだったと思うのですが、みなさんいろいろ考えてくださり、シミュレーションの方法から結果のまとめ方まで、多くのアドバイスをしてくださりました。これをもとに、来週中にポスターを完成させられるよう、がんばります!


今日も、cityへ行ってきました。こんな風にマーケットがあったり、
e0194142_1532012.jpg

こんなものもありました!
e0194142_15324438.jpg

ネパールのものみたいです。
by keio-itp | 2009-11-15 15:37 | 2009年CSIRO・仲
どうも三宅です。いよいよブログの更新も今回が最後となります。明日ボストンを出立し、ニューヨークに一泊して日本に帰国します。今週はハーバード大学やボストン美術館に行ってみたり、ボストン名物の特大ロブスターを食べたりして、ボストン滞在二ヶ月目にしてようやく観光を少しばかり楽しむことができました。昨日はセミナーが終わってからフェンウェイの映画館で2012という作品を観てきました。こちらでは上映中や上映後に皆で拍手するんですね。少し驚きです。切符を買う際に係の女性に「えっ、二枚じゃないの、一枚でいいの?貴方一人で映画観るの?」なんて気の毒そうな表情で尋ねられました。こちらでは映画を一人で観るのは相当珍しい部類に属するようです(日本でもまあそうですが…)。

研究の方ですが、残念ながら先週先生に頂いた問題を解くことは出来ませんでした。そういうわけでホップ代数の場の理論や組み合わせ論的研究は帰国後に進めていくことになりそうです。今回の留学では当初の思惑通り、今後の研究に対する方向性みたいなものは十分に得ることが出来たのでそこは個人的に満足しています。帰国後はまず中途半端になっている幾つかの論文をきちんと書きあげて投稿しようと思います。博士論文の方も書き始めなければなりません。何よりも前に帰国して二日後に韓国で開かれるワークショップに行かねばなりません。今週はその発表原稿を作成するのにも忙しくしておりました。何やら帰国したらやらねばならないことが山積みになっているので、余り帰りたくないというのが正直な実感です。

最後に今回の短期留学を順調に終えることが出来たのは留学を勧めて下さったうえにボストンでの滞在先まで現地で見つけて下さった指導教官の前田先生、慶應義塾大学数理科学科の諸先生方、ボストン大学への留学を受け入れてくださったホストのRosenberg先生を始めとしたボストン大学幾何学教室の先生方、そして同教室大学院生の皆さん、数理物理学の授業の聴講を快く承諾して下さったKreimer先生、またボストン大学の数多の職員の方々、慶應義塾大学ITP担当の先生方、そしてあらゆる問い合わせに即座にかつ真摯に対応してくださった国際担当の方々、ボストン滞在中あらゆることに気を配って下さったB&Bオーナーの畑中さん、突然の体調不良の際に即座に対応して下さったハーバード大学MGHの河合先生、ボストン滞在中私が困った際には常にあらゆる手段を講じて救いの手を差し伸べて下さったマイアミ大学移植コーディネーターのDebbie、そして渡米中に殆どあらゆることに対処できるよう、十分な薬を処方して下さった慶應義塾大学病院の海老沼先生、渡航中の医療保険について的確な情報を与えて下さった移植者支援組織トリオジャパンの荒波さん、そして両親を始めとする家族、全くもって皆様のお陰であると思っております。心から感謝致しますと共に私からの最後のボストン滞在報告を終えたいと思います。長らくお付き合い頂き真にありがとうございました。それでは。

e0194142_249269.jpg

ボストン美術館です。今はエジプトBC2000の特集をやっていて出色でした。

e0194142_2515021.jpg

ハーバードさんの銅像です。

e0194142_2535638.jpg

フェンウェイ球場にて。側にいた人に撮ってもらいました。
by keio-itp | 2009-11-15 03:06 | 2009年ボストン大学・三宅

Melbourne Cup

11/3は日本では文化の日ですが、こっちではMelbourne Cupの日でした。ただMelbourne Cupは11月の初めの火曜日に行われるらしいので、文化の日とかぶったのは偶然みたいです。これは日本でいう競馬のオーストラリアで一番大きなレースが行われるのですが、普段競馬に興味のない人もこの日はテレビなどで観戦したり、ドレスアップして競馬場へ行ったりするそうなので、ちょっと日本の競馬のイメージと違うように感じました。この日はCSIROも、Melbourne Cup Lunchといって、みんなでお昼を食べたり飲んだりしながらレースを観戦しました。
e0194142_2353211.jpg

こんな感じで、みんなで集まってレースを楽しみました!


金曜日には、Science FestといってCSIROの中の数学・情報系の研究者が集まって、それぞれの研究について話す機会がありました。15人くらいが集まって、それぞれ15分程度話し、質問やアドバイスをしあうというもので、あまり形式ばらないものだと言われたので、せっかくの機会なので私も参加して、話をさせてもらいました。もともとこっちへ来て研究内容を説明するためのプレゼンテーションは用意していたのですが、15分という短い時間なので、内容をしぼってページ数を減らしたところ、逆に時間よりも早く終わってしまいました・・・英語でぱっと説明できない分、言わなければいけないことをメモしているのですが、ついそこだけ話して早く進めてしまっているせいです。ここは以前ワークショップで英語でのプレゼンテーションをしたときにも、だめだなぁと感じた所なので、積極的に英語でのプレゼンテーションの機会を利用して、少しでも改善していきたいと思いました。
e0194142_238018.jpg

これは、Science Festでのお昼です。みなさんフレンドリーなので、プレゼンテーションもあまり心配することなく話せてよかったです!
by keio-itp | 2009-11-08 23:16 | 2009年CSIRO・仲
どうも。残暑のボストンにやってきておよそ2カ月、夏から秋、そして冬と日本の緩やかな四季の内三つを瞬く間に体験してきたような全く瞬く間の2ヶ月を過ごして参りました。しかしそれも残すところあと一週間余。残る時間で出来得る限りのことをしつつ、名残惜しさを連れ立って日本に戻りたいと思います。

先日こちらに来てから雑誌とやりとりしていた論文が無事アクセプトされました。ホストの先生はご多忙の最中、私の拙い英文原稿に細部に至るまで逐一チェックを入れて下さいました。全くお礼の言葉も見つかりません。今回の留学の最大の収穫は論文英語のイロハと言えるかもしれません。例えばa lot ofなどはスラングなので論文中では使ってはいけないのだとか。そういう繊細なことを色々と教えて頂きました。

数学の研究に関しましては、planar spanning treeのホップ代数の定義を利用して一般のグラフにホップ代数の構造(余積、余単位射、余逆元)を定義できないだろうかという問題を先生から与えられていたのですが、これはどうやら出来ました。ただ出来たことは出来たのですがどうやら自明に定義出来ることが分かって問題の解決としては面白くない、ということで、他のグラフ理論の問題にこのホップ代数の理論が応用出来ないかということになりました。その一例としてconnected weighted graphに対してminimum spanning treeを見つけるアルゴリズム(例えばPrim's algorithm)をグラフのホップ代数の観点から理解出来ないかという問題を与えられました。そして関連する知識を得るために何か分かり易いテキストをということで、Grimaldi著「Discrete and combinatorial mathematics」という本を貸して頂きました。が、これはどうやら出来ませんでした、と言いますか、解決策が全く見当も付きませんでした。このことを先生に報告しましたところ、先生もしばらく考えられて「どうやらそのようだ」ということになったので、別の問題を考えることになりました。ということで目下、The-max Flow Min-Cut-Theoremの辺りの話をホップ代数の理論を使って理解出来ないかという問題?を与えられております。まあ解けないだろうな…と想ってみるわけですが、糸口くらいはつかめるよう、残る一週間奮闘してみたいと思います。それではまた。

e0194142_011571.jpg

先日のハロウィンでは全身を緑色に塗って超人ハルクの格好をして大学の中を練り歩く人など滑稽な格好の人が数多くみられました。最近は日本でもハロウィンに騒ぐようになってきましたが、本場はやはりちょっと違いますね。
by keio-itp | 2009-11-07 00:18 | 2009年ボストン大学・三宅
この度、慶応義塾大学ITPを利用して、アメリカのUC Berkeleyに2ヶ月間短期留学させていただくことになりました修士1年の新井友也と申します。専門は半導体表面の微細構造の作製、評価に関する研究を行っています。今回は主に、実験で用いているScanning Tunneling Spectroscopy (STS)の理論面からの解析を勉強するため留学を決めました。ここで現地からの報告をしていきますので、宜しくお願いします。

今回の留学の始まりはSan Francisco国際空港です。San FranciscoはGUCCI,CHANELなどのブランド店のまえをケーブルカーが走る、表参道とディズニーランドを足して2で割ったようなとても楽しい町でした。

e0194142_12261544.jpg


ダウンタウンからBerkeleyまでは地下鉄(BART)で30分ほどなので、到着した日から3日間San Franciscoダウンタウンのホテルに滞在し、大学に通うかたわら、この2ヶ月間の家探しをしました。

Berkeleyの住宅事情は、家賃も非常に高く(1Brで月15万ほど)、物件数もそれほど多くないうえに、即入居可の物件はいよいよ少なく、家探しはとても大変でした。結局はUCBの生物学専攻の学生Erinさんとルームシェアをすることになり、今は住む場所が決まったことにとてもホッとしています。非常に貴重な体験でした。

e0194142_12222185.jpgBerkeleyでの初日にはホストになってくださった、Michael Crommie教授と自分のこれまでの研究と、これからの滞在中の研究の進め方についてディスカッションすることができました。2時間ほど話したのですが、2時間話し終える頃にはとても疲れて言いたいことを形にできなくなってしまい、自分の英語力のなさを痛感しました。

UCBで有名なSather towerです。先端は改修中だそうです。

こちらに来て思うのですが、出会う人皆が非常に親切です。日本の方よりさらに親切に接していただいて本当によい意味で期待を裏切られました。
これから2ヶ月こちらでの生活になりますがよい機会なので集中して取り組んでいきたいと思います。
by keio-itp | 2009-11-06 12:15 | 2009年UCバークレー・新井

Jacaranda

こんにちは。もう11月に入りました。こっちではもうプールがにぎわっています!
e0194142_13184450.jpg

ちなみに、このプールは柵などなく、誰でも自由に使える公共のものみたいです。こういうものがあることにびっくりしました。


今週は、来週のミーティングのための資料作りに加えて、11月末に参加するconferenceのための研究(先日書いたガンマ分布にあてはめる際のパラメータの推定方法)を始めました。

資料作りでは、一緒に研究してくださっている方に加えて、他の研究をしている方も何人か来てくださるそうなので、研究結果の説明だけでなく、その前に研究内容の紹介をもう一度する必要が出てきました。けれども、私としては議論に時間を使いたいので、どうやったら短く簡単に内容を説明できて、議論に結び付けられるかという点で、いろいろ考えました。しかも英語が不自由であるため、なるだけスライドを見て理解してもらえるようにする必要があり・・・。プレゼンテーション作りのいい機会だと思って、水曜日のミーティングまでにしっかり準備したいと思います!

また、conferenceではポスター発表をする予定なのですが、ポスターの印刷のために時間がかかるそうなので、研究を進めて早くまとめなければとちょっと焦りだしました…。

こっちへ来てもう一カ月にもなるので、このあたりでもう一度気持ちを引き締めて頑張っていきたいと思います!


この花は、オーストラリアの人がみんな好きというJacaranda(ジャカランダ)という花です。春になると咲く花だそうで、町のいろんなところで見ます。日本でいう桜みたいに、この花が春の象徴のようです。
e0194142_13192454.jpg

by keio-itp | 2009-11-01 13:47 | 2009年CSIRO・仲