人気ブログランキング |

慶應義塾ITP派遣生からの現地報告書です


by keio-itp

<   2013年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第4週目

TUMの植田です。

ミュンヘンに到着してからはやくも一ヶ月が経ちました。
このままあっという間に派遣期間が終わってしまうような気がして焦っています。

今週は自分の研究のほかに、研究室の修士の学生の論文を少し手伝っていました。
論文で、出身国と日本の事例を比較しようと思ったのに本の事例が見つけられないから手伝ってほしいと言われ、日本語の論文を検索して英語に直したりしました。
検索してみて気がつきましたが、日本は国内学会が充実しているからか、日本語の論文はたくさん見つかりますが、Google Scholar等で英語で書かれた日本に関する研究報告を探すことは困難なように思いました。他国の研究者にも役に立ちそうな研究がたくさん行われているにも関わらず、日本人でなければ参照できないことはとてももったいなく感じました。

e0194142_18314644.jpg

先日訪れたミュンヘン市内にあるイングリッシュガーデンです。とても広い公園で、公園内にビアガーデンやカフェがあります。
30℃ほどある暑い日だったためか、平日にも関わらず、ビアガーデンはたくさんの人でにぎわっていました。やはりドイツ人はビールが好きなようです。
by keio-itp | 2013-06-26 18:34 | 2013年TUM・植田

第3週目

こんにちは、TUMの植田です。

今週はSIFT・SURF等のプログラムを実際に作成し、試行錯誤していました。なかなかうまくいかないことも多いですが、少しずつ前進しているつもりです。
金曜日には研究室の学生と工場見学に行ってきました。MAN(Maschinenfabrik Augsburg-Nürnberg)というドイツのバス・トラックのメーカーです。日本ではあまり馴染みのない会社ですが、ドイツのトラック市場ではDaimler AGに次いで第二位のシェアを誇っているそうです。ドイツをはじめとしたヨーロッパ各国、中国、トルコ、アメリカ、南米などで販売しているグローバル企業です。
今回は、ミュンヘン市内にあるトラックの製造ラインのを見学させてもらいました。実際の車の製造工程を間近で見るのは初めてだったので、だんだんトラックが形になっていく様子はとても興味深かったです。

また、こちらで建築の意匠設計のお仕事をされている日本人の方を紹介していただいたので、お話を伺うことができました。お仕事のことやミュンヘンでの生活について、さまざまなことを教えて頂きました。美術館やレストランの情報もたくさん教えていただけたので、ミュンヘンでの生活がさらに充実しそうです。


写真は、オーストリアのInnsbruckです。過去に二度、冬季オリンピックが行われたことのあるチロル州の州都になっている街です。
こちらのスキージャンプ台はイラクの女性建築家Zaha Hadidのデザインで、上にはカフェが設置されています。夏で雪はまったくありませんでしたが、スキージャンプの練習をしている人がいました(もちろんプロの方です)。飛ぶ様子を真後ろから見ることができ、とてもおもしろかったです。

e0194142_22293341.jpg

e0194142_22393244.jpg

by keio-itp | 2013-06-18 22:46 | 2013年TUM・植田

第2週目

こんにちは。TUMの植田です。

到着してはじめの一週間は、最高気温が10℃ほどで雨が降っている日が続きとても寒かったですが、先週は天気もだいぶ回復し、昼間は上着なしでも過ごせるようになりました。ヨーロッパの人は日差しが出てくるとすぐに薄着になるため、気温が20℃程度でも半袖にショートパンツの人が街にあふれかえっていました。

先週は引き続き研究の参考になりそうな論文や記事を読み、物体認識のプログラムに用いる手法を検討しました。物体認識の研究は、以前はRGB画像のみを用いて行っていたため、光環境の変化や背景の微小な変化に対応できないものでした。しかし、近年ローコストのRGB-Dカメラセンサが発売されたため、カラー画像情報に距離情報を組み合わせて用いることで、より汎用性の高いプログラムを作れるようになってきています。
今回は、高齢者支援のシステムの一部ということで、高齢者が日常的に使うものを認識できるようなプログラムの作成を目指します。

週末は天気が良かったのでレーゲンスブルクまで足をのばしてきました。
レーゲンスブルクは世界遺産に登録されている街で、街の中央にドナウ川が流れています。ドナウ川の美しい景色を期待して行ったのですが、連日の雨の影響で川の水位が上がり、水が溢れ出して大変なことになっていました。中欧の洪水被害についてはニュースでは聞いていたのですが、実際にあふれた川を目の当たりにして驚きました。

e0194142_21485461.jpg

レーゲンスブルクからドナウ川を下ったところにあるヴァルハラ神殿では、日光浴をしている人がたくさんいて、とてものどかなところでした。日本人は日焼けを嫌いますが、こちらの人は日光浴が大好きなようです。

e0194142_21585728.jpg

by keio-itp | 2013-06-10 21:59 | 2013年TUM・植田